高木幼稚園教育方針

教育方針

教育方針イメージ

高木幼稚園が目指すものは、「生きる力」の基礎作りに根ざいした教育です。

子供達それぞれの成長のプロセスに合わせ、友達や保育者との関わりから社会生活における基本的な生活習慣の習得、豊かな人間性の形成を、伸び伸びとした幼稚園生活を通して「生きる力」の基礎として育んでまいります。

保育上の特色

園長からのご挨拶

 当幼稚園は昭和40年4月に創立し50年間幼児の健やかな成長を願って保育に従事し、10000人以上の卒園生を送り出しております。

「三つ子の魂百までも」と言われるように幼児期の人間形成は言うまでもなく重要です。

様々な経験や体験、活動を通して子供たちの「情操」「意欲」「健康」等この時期に培うべき、また育成するべき生きる為の基礎的な力を幼稚園という集団生活の場を通して養っております。

集団生活の場で習得するべき基礎的な生活習慣も毎日の繰り返しの中で自然に身に付けられるような保育を実践しております。

また子供たちの成長にとって望ましい充実した環境の下で、自発的な興味や関心が芽生えるよう成長のプロセスに即した保育を心掛けております。

私達の高木幼稚園では時代とともに変わりつつある幼稚園の役割を充分に踏まえ、高木幼稚園の歴史の中で培われてきた保育に対する姿勢や伝統も守りつつ子供たちの輝かしい未来を願っております。